RPAはどのような業務に適していますか

資材・購買部門での在庫管理、生産管理、見積・受注業務などにおけるルールの定まった繰返しや転記、集計業務が適切です。