RPA導入によりどのくらいの稼動削減効果がありますか

対象業務により異なりますが、処理時間が1/3程度まで抑えられる場合もあります。
RPA導入成功の秘訣は、Phaseを分けて導入することにあります。1stPhaseでは30~50%の稼働削減効果をマイルストーンとし、小さく、素早く、コストが大きくならないように導入することをお勧めします。50%削減達成の目処が付いたら、2ndPhaseで70%まで人手によるアナログ業務をRPAに移していく手段を取ります。