KMK WORLD DXについて

KMK WORLD DXは中堅、中規模製造業の人手不足対策をテーマに「RPA導入」に関する情報を発信します。

生産年齢人口減少に伴う中堅、中規模製造業の人手不足対策を解決するには?

KMK WORLD DXは国内中堅、中規模製造業が抱える大きな課題の1つである「人口減少」から派生する「生産年齢人口減少」に伴う企業の課題を解決すべく、「中堅、中規模製造業向け人手不足対策」をテーマに「RPA導入」に関する情報を発信します。
生産年齢人口減少に伴う中堅、中規模製造業の人手不足対策を解決するには?

減少し続ける生産年齢人口

2008年をピークに、2011年以降は減少が続いており、将来的にも減少が続く見込みとなっている。内訳について見ると、64歳以下の生産年齢人口が減少傾向にある一方、75歳以上の高齢者人口の割合が増加し続けていくことが分かる。
減少し続ける生産年齢人口
2050年の生産年齢人口は65%まで減少

2050年の生産年齢人口は65%まで減少

総務省によると、15~64歳までの「生産年齢人口」は、2015年は7592万人だったのに対し、2030年は6773万人、2050年には5001万人まで減少 するとの推計値が出ています。

生産性人口減少によるスパイラル

生産性人口減少によるスパイラル

企業が取り組む施策

雇用促進、生産性向上を実現すべく、企業は以下の取り組みを行っている。

人材確保予算の拡大・維持

人材確保予算の拡大・維持

現状維持可能だが、恒久的な人材獲得・維持コストが発生。生産性人口減少に伴い人材獲得がより困難になり、コストも上昇するとともに生産性向上にはつながらない。

高齢者・外国人雇用

高齢者・外国人雇用

法改正などに準ずる必要がある。また、外国人雇用の手続きなど通常の雇用に比べて負担が大きい。コストに関しても上昇傾向にある。生産性向上にはつながらない。

IT導入

IT導入

生産性向上をテーマとする業務の自動化により、定常的な業務処理や雑務がなくなり、本業に集中可能。人員を多く抱える必要がなくなり、本件の課題解決に最も適した活動となる。

生産性向上を実現するIT導入が進まない理由

業務プロセスの見直し、高額な初期投資など負担が大きく感じている事業者が多い

01.

現業務IT化への不安

02.

業務プロセスの見直しが困難

03.

初期導入コストに対する費用対効果への不安

            

最適なコンサルティングと事業内容・状況にマッチした導入スケジュールを適応させることが大切

中小企業のIT活用の効果と活用の実態

中小企業庁 「中小企業のIT活用の効果と活用の実態」資料参照

RPAで実現できる課題解決

事務作業や雑務は定常化できれば大半をRPAにより自動化する事が可能です。
最大40%もの余剰工数を生み出すことができるため、本業のクオリティ向上だけでは無く、将来に向けたよりクリエイティブな職務に当たることが可能となります。

ロボットの採用に変換することで不足する労働力を生み出します

本業

本来この担当者が担う仕事

事務作業

定常的な業務処理

雑務

誰でもできる調べもの

RPA業務自動化の適用例

交通費精算

・従業員の旅費、交通費精算をチェック
・部門ごとに生産金額を取りまとめ
・月次報告資料に転記
・経理システムにデータ入力

交通費精算
入出荷伝票処理

・紙媒体の伝票をスキャナで電子化
・伝票内容を1件ずつExcelに取りまとめ
・Web出荷システムにデータ転記
・月次データを出力しメールで報告

入出荷伝票処理

RPA導入のステップ概要

RPA導入のステップ概要

ホワイトペーパー内に詳細なスケジュール概要をご用意しております。

KMK DXソリューションのご案内

RPA Product Line-up

KMK DXソリューションのご案内

・採用活動が進まず人材確保ができない
・採用コストは恒常的に発生し続ける
・労働環境が悪化し退職リスクが高まる
・本来務めてほしい職務ができていない
・成長を目的とした新しい事業に取り組めない

先端技術・IT活用を進めることをご提案します

詳細はこちら

UI PATH

2005年ルーマニア創業のUiPath社が提供するRPAツール。UiPath社はWorldWideで事業展開するRPA製品のトップベンダーであり、日本国内においても数多くの導入実績を誇る。

数多くのRPA製品の中でもWindowsに対応する能力は格段に高く、小規模か大規模環境まで幅広く対応が可能。また、メーカーサポートとしてトライアルやトレーニングの提供なども充実している。

詳細はこちら(準備中)

AutoMate

米国HelpSystems社が提供するRPAツールで、数あるRPA製品の中でIBMi対応の機能を備える製品。約80種類の多彩な自動化機能と平易な開発環境を持つ。 PC1台で運用可能なデスクトップ版とサーバ上で複数のシステムを制御するサーバ版の2種類を用意し、ユーザ環境にあわせ低コストでRPA導入を可能とする。

詳細はこちら(準備中)